WEB予約はこちら

お知らせ

TOPICS

2017.2.28

ネコちゃんの気持ち

ネコちゃんはボディランゲージによって信頼関係を確認できる動物です。
ネコちゃんは気ままな動物ですので、しつけは大変だとは思いますが、しぐさや気持ちを理解してあげると、信頼関係もより深くなるものだと思います。
ここではネコちゃんのしぐさがどういった気持ちの表れなのか説明していきます。

体をすり寄せる

ネコちゃんの挨拶で体をすり寄せる傾向があります。自分のニオイを相手にこすり付けて仲間である確認をしているのです。
飼い主に尻尾を立てて体をすり寄せてくるのは飼い主と親密な関係であるという証でもあるのです。またおなかが空いたときも同じ行動をとります。

おなかを見せる

転がっておなかを見せてくれるネコちゃんは警戒していない、むしろ信頼しているという証です。
ネコちゃんにとって相手におなかを晒すことは弱点を晒しているということと一緒なのです。

ゆっくり瞬きをする

ネコちゃんは見知らぬ人やネコに遭遇したときじっと相手をみつめる傾向があります。
しかし凝視せずにゆっくりと瞬きをする場合、満足や愛情の表れです。
飼い主に対してこのゆっくり瞬きをしている時間が長ければ長いほど愛情の程度がわかります。

何か咥えてくる

ネコちゃんがねずみの死骸や虫の死骸を飼い主の前に持ってきたり、玄関においておくといった行動は飼い主を驚かすための行動ではなく、大事な贈りものを届けているわけなのです。
贈り物によって満足することを望んでいる証拠なのです。

体を舐める、噛み付く

人に触られたり抱かれたりすると、ネコちゃんが自分の体を舐めたりする行動があります。
実は体についた人のニオイを取り除くための行為です。
また触っている途中に急に噛み付いたりすることがあります。それもこれ以上触って欲しくないといいうサインを発しているのです。あまり触り過ぎたりするのは注意です。

いかがですか。
他にも行動はたくさんありますが、日頃気付かないところで実はいろんな気持ちを発していたのです。
ネコちゃんの気持ちを少しでも理解してあげることが最も幸せな暮らし方ではないでしょうか。
練馬区にある当動物病院では大切なネコちゃんのための健康診断や予防接種を行い、異常なしぐさや病気の兆候などの相談もおこなっております。

病院案内

ナガワ動物病院

〒176-0023
東京都練馬区中村北
1丁目9-12
マップを見る

TEL:03-3926-9911

入院・お預かり・送迎・往診・飼育相談・しつけ相談など、飼い主の皆様の不安にお答えいたします。