WEB予約はこちら

お知らせ

TOPICS

2017.2.28

ネコちゃんを病院へ連れて行くときの注意点

ネコちゃんは何かしら病気を患っても我慢するという傾向があり、飼い主もネコちゃんが病気を患っているとなかなか気付くことがありません。
もし病気になっていると分かった場合、しっかりと病院まで連れて行かなければなりません。
ここではネコちゃんを病院意連れていくときの注意点を説明しています。。

外傷がある場合

ひっかき傷や猫同士のケンカでできた傷はあまり心配することはないですが、少量の出血の場合は消毒薬で消毒します。
ネコちゃんが安心できる場所を確保し、じっとできる環境をつくります。しかしひどい傷や出血が多い場合は動物病院へ行ったほうがいいでしょう。
ガーゼかタオルで出血箇所を抑えますがネコちゃんが暴れたりしないように注意しましょう。
内臓破裂の場合は抱いたりせず、箱に入れて病院へ行くといいでしょう。

脚を引きずったりする

骨折の可能性があるような状態、出血がある場合はガーゼやタオルで巻いて止血し病院へ運びます。
骨折で体温が低いなら毛布でくるんで急いで病院へ運びましょう。

熱射病の場合

温度の高い車内のなかや部屋の中に長時間いると呼吸が乱れたり、よだれをたらしたり、口の中が赤紫色になる症状が発生します。
すぐに涼しい場所に移動し体を冷やすことが大切なので霧吹きなどで直接水を掛けることも、効果的だといわれています。
重度の場合は呼吸が落ち着いたら動物病院へつれて行きましょう。
夏場は車の中にネコちゃんを置いたままにしておくとわずか30分で命を落とす危険性もあります。。

感電した場合

電気線をかじって感電する場合があります。
硬直したり痙攣しているときはコンセントを外し、口の中をやけどしていないか確かめます。
意識がなかったり、口の中が腫れていたりすぐに病院へ行きましょう。
見た目に異常がなくても念のために病院で診てもらうことをお勧めします。

異物や毒物を飲んだ場合

異物や毒物を飲んでしまった場合、塩水を飲ませて吐かせます。苦しそうな咳をしている場合や、なかなか吐かない場合はスプーン一杯ほどの塩水を飲ませたらほとんど吐きます。
どうしても吐かない場合は病院へ行きましょう。
部屋の中は小さなおもちゃ、電池、人間用の薬といったネコちゃんが飲み込みやすいものがたくさんあるので注意して下さい。

他にもネコちゃんにとって怪我や危険な食べものがたくさんあります。
決して自分判断で行動しないよう、獣医の下で診察を行ってください。
中村橋にある当動物病院ではネコちゃんの健康診断、予防接種、相談などを承っております。
ネコちゃんにお困りでしたら是非当院へ診察してみてくさい。

病院案内

ナガワ動物病院

〒176-0023
東京都練馬区中村北
1丁目9-12
マップを見る

TEL:03-3926-9911

入院・お預かり・送迎・往診・飼育相談・しつけ相談など、飼い主の皆様の不安にお答えいたします。