ワンちゃんが病気になっていることを気付くためにも日頃から健康状態を知っておく必要があります。
平熱や脈拍、体重などを知っていれば、変化に伴い病気かどうか判断できるので日ごろから日記などに記入しておくことも良いです。
ここではワンちゃんがかかりやすい病気について説明していきます。

平熱

ワンちゃんの体温は常に一定ではなく、午前中は低く午後は高くなるといった傾向があります。
また運動すれば当然高くなりますので、毎時間の平熱を調べておき、平熱よりも1度変化があれば異常を考えましょう。
小型犬では38.6~39.2度、大型犬では37.5~38.6度だと言われています。
市販の電子体温計の先をラップで包み肛門に3センチほど入れて計るのが一般的です。

脈拍

運動した場合を除き心臓に疾患があるときは脈拍数が増えます。
ワンちゃんの脈拍数を計っておくことは大切です。後ろ足の付け根の部分に動脈があるので、そこに手を当てて脈拍をはかります。
脈拍の標準値は15秒間で小型犬は40~50回ですのでそれを4倍すれば1分間の脈拍数がわかります。
運動後でもないのにはぁはぁと荒い息をする時は平常よりも呼吸数が速いか確かめておきましょう。
平均よりも呼吸が荒かったり、脈拍数が高ければ疾患や異常を疑いましょう。

体重

体重は健康管理に一番わかりやすいので、すぐに計ることができます。
まず飼い主が体重を量り続いてワンちゃんを抱っこしてその差を求めればOKです。

ワンちゃんがかかりやすい病気

まず目の病気ですが、結膜炎、白内障はよく起こる病気として有名です。
目ヤニが沢山ついていたり、涙が溢れていたりすると病気のサインかもしれません。
目ヤニも目に傷つけないようウェットティッシュなどで拭いてあげてください。
次にワンちゃんが非常にかかりやすいのは耳の病気で温度も湿度も高い上、細菌が繁殖しやすい環境なので、特に耳の垂れたワンちゃんは中耳炎、外耳炎になりやすいので注意が必要です。
次に口の病気では口内炎、歯肉炎になる場合もあります。生後一年程度で歯周病となる歯石が付きはじめることも珍しくはありません。
次に多いのが皮膚病です。皮膚病は気付きにくい病気の1つで痒み、毛が抜けたり、フケが多いといった疾患やアレルギーをもつワンちゃんも多くいます。シャンプーの回数やすすぎ残しが原因だと言われています。
下痢や便秘、オシッコは寄生虫や伝染性疾患を疑いましょう。下痢の原因で多いのは食べすぎですが、しっかり食べてしっかり排泄もしているかもチェックしましょう。
オシッコの回数が多かったり赤かったりするとなにかしら病気のサインかもしれません。

当ペットクリニックではワンちゃんの日頃の健康診断や予防接種、健康に関する相談もおこなっています。
練馬区にお住まいのワンちゃんも是非御来院ください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。