まもなく終了致します。この機会に是非ご利用ください!!

2022年3/1よりスタートの当院の期間限定健康診断キャンペーンは

血液スクリーニング検査と画像検査(レントゲンor超音波検査)を一緒にお受けいただくと課税前合計価格を15パーセント引きさせていただいております。

春に行うキャンペーンでは毎年みなさんにぜひ実施していただきたいフィラリアの検査を実質無料で行うことが可能です。

参考例として一番お得に利用いただけるメニューをご紹介します

 

わんドック・にゃんドック 
おすすめコース
  • 身体検査
  • 血液血球検査
    (貧血・血液の細胞成分の構成)
  • 血液生化学検査
    (タンパク質・主に肝臓や腎臓・膵臓など)
  • レントゲン検査
    (胸部・腹部2方向ずつ計4枚)
  • 超音波検査
    (心臓・腹部臓器)
  • フィラリア抗原検査

セットで22,000円(税込)
※但し中・大型犬(15㎏から目安)は25,500円(税込)

 

特にご家族のワンちゃん・ネコちゃんに持病や心配な病気がある際には
実施していただけるオプションの各種検査も割引適応できますので、疑問点や追加や検査の引き算のご相談もスタッフに遠慮なく申し付けください。

<オプション>
内分泌検査
(甲状腺や副腎皮質の病気)
眼科検査
(白内障・緑内障・目の傷など)
尿検査
(膀胱炎や結石・腎不全の推定など)
便検査
(下痢・便秘・寄生虫など)
Etc…

大切なお願い
〇ヒトの健康診断と同様お時間をいただき精査させていただきますので
午前中にご来院いただき午後のお迎えとさせていただきます
〇後日検査結果をまとめ、ご説明させていただきます(健康な子は1週間程度・健康に不安がある子はなるべく早く回答いたします)
〇当日朝は絶食で来院していただくことで、血液検査・超音波検査の精度につながります
一日あたり3組様までの予約優先制
お電話もしくは、アプリ上の検査空の部分にご予約ください

 

年末年始の診療スケジュールは以下のとおりです

●12月29日まで…通常診療
●12月30日~1月3日…休診
●1月4日~…通常診療

※12月30日のみ緊急時対応可能。お電話ください。
※休診日のホテル窓口(お預り・お迎え)はAM10時~11時に限らせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願い致します。

本年も皆様ありがとうございました
良いお年をお迎えください

◇◆-------------------------------◆◇

当院はこのたびよりオンライン受付を始めます!!
ペット手帳

来院前にご自宅からスマホで受付!
マイページで残りの待ち人数がご確認いただけます。
また、順番が近付きますとスマートフォンに呼出通知が送られます。
当院でお待ちいただかなくても、お好きな場所でお待ちいただけるとても便利なサービスになっております。

〇お薬・食餌のみ受け取りの希望も電話をせずに予約することが可能です

〇(トリミングも空き状況の確認・枠を確保することは可能です。ただし来院時間等は、確認ご相談のご連絡をさせてください。)

※呼び出し通知を受け取るためにアプリの通知をONに設定してください。

オンライン受付開始日につきましてはペット手帳にてメッセージをお送りいたしますので、
まだペット手帳ダウンロードがお済みでない方は事前にアプリダウンロードをお願いいたします。

 

【ペット手帳をご利用の方】
①マイページに入り当院のお写真の下にある「オンライン受付をする」をタッチ
②病院に行く子のお名前を選びます
③来院の目的を選びます
④来院したい希望日時を選びます
⑥確認画面が表示されるので「この内容で受付する」を押して受付完了です!

受付後は「事前問診をする」を押して事前問診にお進みください。
必須ではございませんが、事前に症状や詳しい来院目的を入力し病院に伝えることが可能なため
診察がスムーズになります。ご協力お願いいたします。

 

【ペット手帳未登録の方】
最初にペット手帳アプリをダウンロードいただいた後、上記の【ペット手帳をご利用の方】の手順に沿って受付をお願いします。

アプリダウンロード方法
①下記のリンクにアクセスをする。
ペット手帳

②ペット手帳のアプリをダウンロード。
③質問がでてくるので飼い主様と飼っているペットの情報を入力する。
④かかりつけの病院で検索で当院の名前を入れていただき登録する。

※病院登録がお済みでないと、受付ができません。必ず病院登録をお済ませください。
順番が近くなった際の呼び出しや当院からのご連絡がアプリ上に届きます。見逃しのないよう、必ずアプリの通知はONにしておいてください。

ご不明点などございましたら、当院のスタッフまでお問い合わせください。

◇◆-------------------------------◆◇

<重要>SFTS感染症報道について

6/10再び、静岡県中部地区で男性(60歳代)がSFTSに感染したとの報道がありました。この男性は、日常的に動物と接することの多い職業とのことです。

今までは、暖かい地域での分布でしたが、東京都とほとんど同じ緯度の静岡県でのヒト患者さんの発症例になります。

SFTS感染の多くはヒトがダニ刺されて成立しますが、感染した犬や猫からの飛沫感染も報告されており、特に猫からの感染が多く報告されています。

飼い主様には、

①なるべく室内飼育にすること

②ノミ・ダニの駆除剤投与

をお勧めいたします。

また、飼い主様自身も本人も健康不良の際にはお早目の受診をお勧めいたします。

 

⇒SFTSとは?

⇒SFTSが疑われる場合の来院について

■■迷子の猫さん■■ ※無事見つかりました!

当院の患者さんが迷子になってしまいました

ちびちゃん·りーちゃん
それぞれ三毛·白黒の女の子です。

8月10日の朝、ご自宅ベランダから逃げ出してしまったそうです。

近所で見かけた等、なにか情報がございましたら、下記のサイトよりご連絡をお願いします。

https://maigo-pet.net/cat/detail.php?id=13004&p=1&fbclid=IwAR0n4u-9unRVjeQC8ljZ3W_plms7TS75jSP2RW0tCgMzqNGsYCCT37CzHpU

飼い主様のもとへはやくかえれますよう、皆様のご協力をお願いします。

※2021年6月30日追記

無事見つかりました。皆様のご心配、ご協力ありがとうございました。

ナガワ動物病院