日頃ワンちゃんやネコちゃんの健康維持のため、バランスのとれた食事、健康診断や予防接種を定期的に受けるなど心がけていても、病気になり、お薬を処方してもらうことはあります。
ペットを飼っていて、ご家族が一番苦労していることはお薬をなかなか飲んでくれないことではないでしょうか。臭覚が何倍も優れている動物なので、薬の臭いですぐに気付いて吐き出し、噛まれた経験がある方もいらっしゃることでしょう。薬は与え方や方法によってスムーズに飲んでくれることもあります。こちらでは、ペットに薬を与える方法をご紹介したいと思います。

食餌に混ぜて一緒にあげる

多くの方が一番実践しているやり方です。薬の臭いが強いと、嗅ぎ分けて薬だけ残してしまうことがありますので少し工夫する必要があります。普通のエサと混ぜるのではなく、一番好きな物に混ぜてあげることがおすすめです。その場合最初の数個は薬を入れず、残りの1個だけ薬を入れる方法もあります。あげる際、吐き出したりしていないかもチェックするようにしましょう。

お薬のタイプを変える

お薬には種類があり、チュアブルタイプ、丸薬、カプセル、錠剤、シロップ、粉薬といった種類があります。丸薬やカプセルなどは臭いや大きさで嫌がるので、チュアブルやシロップ剤に変えて、スポイトで流し込んであげる方法は有効的です。ペットが薬を飲み込んでいることをチェックしながらあげるようにしましょう。

錠剤を砕いて与えるご家族がいると思いますが、砕いて与えると逆効果になってしまう場合があります。錠剤には苦味を抑えるコーティングされているものもあります。砕くと臭いや苦味が更に増してしまう恐れがあるので控えましょう。お薬はワンちゃんやネコちゃんたちが嫌がるものばかりなので、自分から好んで飲むことはほとんどありません。練馬区中村橋にある当動物病院では、犬や猫など動物たちにあった薬の与え方をご家族の方と相談し、ご家族や動物たちが苦労しないような環境つくりを心がけています。ワンちゃんやネコちゃんたちの気持ちを少しでも理解できるように優しく接してあげることが大切です。